• トップページ
  • お知らせ
  • 学習内容
  • さんさん教育とは
  • 検定について
  • 年間行事
  • よくあるご質問
教室のご案内
本部教室 仙台市若林区大和町1丁目6-5 TEL:022-232-5647
栗生教室 仙台市青葉区栗生4丁目13-12 TEL:022-392-8618

さんさん教育は「さんさんの手引きを使って」、そろばんで算数を教える教育です。今までの計算だけを指導するそろばん教室と違って、計算の意味や仕組みを指導しますから、そろばん(あん算)の向上と共に算数ができるようになります。 詳細はこちら

検定について

戻る

当教室で受験できる検定一覧

全国一斉の検定試験を当教室で受験することが出来ます。

珠算検定(文部科学省後援)

珠算検定とは、全国珠算学校連盟が実施しているそろばんを使い計算能力をはかる検定試験です。会計や経理などの仕事に役立つのはもちろんのこと、生活のあらゆる場面で役に立つ能力となるでしょう。

受験資格は特になく、学歴や年齢、国籍、性別の制限がありません。級レベルをクリアーすると段位にも挑戦することが出来、最高10段まで認定されます。

当教室では10級から受験となります。

試験実施日
1月、3月、5月、7月、9月、11月(年6回)

暗算検定(文部科学省後援)

暗算の速さ・正確さを測る検定試験で、記憶力、集中力、思考力を高める暗算の能力を判定します。
電卓が気軽に使える世の中になったとはいえ、素早い暗算は、やはり重宝される能力です。企業での仕事や日常生活での買い物などにおおいに役立ちます。

当教室では8級から受験となります。検定合格で進級します。

試験実施日
1月、3月、5月、7月、9月、11月(年6回)

算数検定(文部科学省後援)

珠算を学ぶ子どもは、算数に積極的に興味を示すことが報告されています。
珠算と算数のかかわりを大切に育てていきたいという趣旨で行われる全国算数能力検定試験です。そろばんも使ってバッチリ!

当教室では小学校1〜6年生での受験となります。

試験実施日
2月、6月、10月(年3回)

毎日パソコン入力コンクール

毎日パソコン入力コンクール(毎パソ)は、2001年創設以来これまでに全国47都道府県と海外を含む約1,490会場から累計約50万名が参加し、現在は年間約16万人が参加している国内最大規模の文部科学省「学びんピック」認定のタイピングコンクールです。

第I・II・III類と3つの類に分かれていて、それぞれのねらいは、第I類のパソコン入力は、パソコン活用の基礎基本である「文字を正しい指使いで正確に速く入力する」こと、第II類の基礎学力向上は、「パソコンを活用して、英単語・漢字・計算などを繰り返し学習する」こと、第III類の情報発信は、「パソコン入力によって行われる発信・情報手段を活用する」ことです。

参加資格
全課題ともどなたでも参加でき級位認定を受けることができます。
試験実施日
10月大会、2月Web大会はそれぞれ別の大会ですので、2大会とも参加可能です。
ページの先頭へ